<   2011年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧
Mail ↑TOP
復活!!!限定
威勢のよいタイトルですが
過去の限定を復刻させる企画

3月に投票開始
3月後半~4月に復活させる予定です。

よくお客様から
『もうあの限定やらないんですが・・・?
『あれもう一回食べたいんだよね・・・』
『予定はないんですか・・・?』
『あれのファンになってしまったんだ・・・』
『食べ逃したから食べたいんだけど・・』
などなど
たくさんの声を聞いておりまして

その声にお応えしていこうと


投票方法など
検討していくつかありますので

追ってまたお知らせいたします。

ブログの左側に過去の限定写真ありますので
(クリックすると拡大します)
みなさんも楽しみにしていてください。
[PR]
by tamura-ya | 2011-01-27 23:32 | 告知 Mail ↑TOP
YouTube 田村屋デビューしました 


『肉豆腐タンメン』


1月初旬より本格出動したマルチメディア部
いよいよ動画がUPできました

室長に感謝しきりです


この動画の完成形は

また追ってUPしていきますので
お楽しみにしていてください。
[PR]
by tamura-ya | 2011-01-23 18:27 | 動画編 Mail ↑TOP
~限定 超激震麺~明日解禁
ちょっぴり引っ張ってしまいましたが
あす1月23日(日)~販売開始です
『超!激震麺 950円』
『超!味噌激震麺 1050円』
e0178922_22253528.jpg


とっても辛くて~♪
とっても汗かいて~♪
とっても震える(ノ*゚▽゚)ノ
超!が、つくほど激しい辛さ
激震するなら田村屋で♪

辛いのが得意な方が注文してください
にんにくとしょうがが少し入っております。

辛いラー油の作り方は
~超!激震麺 ラー油編~をごらんになってください
[PR]
by tamura-ya | 2011-01-22 22:33 | 告知 Mail ↑TOP
~限定 トマトクリーム麺~終了
大変好評いただいておりました
『トマトクリーム麺』
e0178922_1350189.jpg


は予定より早くたくさんのご注文をいただき
先ほど終了となりました。

有難うございます。
[PR]
by tamura-ya | 2011-01-22 13:50 | 告知 Mail ↑TOP
トゥーーースッ!!
1月9日(日)に撮影のため
営業時間を変更しておりましたが
その詳細をここで

放送予定日は2月2日(水)深夜1:21〰
テレビ朝日
『学生才能発掘バラエティ 学生HEROES』
で田村屋が紹介される予定です。

オードリー春日扮する大統領と秘書が
田村屋に来店!
いっしょに『トゥーースッ!』
嬉しがり(^O^)
e0178922_2112159.jpg

とっても骨太な良い人でした

限定麺を紹介してもらい
その商品が
『爆菜!豚タンメン』
e0178922_20582886.jpg

こちらの商品発売まで
今しばらくおまちください
[PR]
by tamura-ya | 2011-01-21 21:04 | 告知 Mail ↑TOP
~超!激震麺~ラー油編
にわかに動き出している
超激震麺ですが
今回は限定用のラー油についての
説明です

【まずは辛さについて】
唐辛子の辛さは、スコヴィルという単位で量り、カプサイシンの割合を示します。
アメリカの学者さん、ウィルバー・スコヴィル氏が考案したので、
その名前が単位になっています。
一定濃度の砂糖水を混ぜ合わせてゆき、何倍の砂糖水を加えると辛味を感じなくなるかが判定基準

【今回使用しているのは】
一味唐辛子(スコヴィル:約50,000)
ハバネロ(スコヴィル:約350,000)
ブートジョロキア(スコヴィル:約1,000,000)


おもに上記が辛さの要因となっている唐辛子たちです

さて作り方ですが
唐辛子数種類、さまざまなスパイス
さらには『ハバネロ』、今回のエース『ブートジョロキア』を準備。
e0178922_22434712.jpg


ラードでたまねぎに火を入れていく
e0178922_22521893.jpg


そして色づいたらスパイス、唐辛子を投入。ゆっくり香りと味を入れていく。
e0178922_2254224.jpg

このときすでに毛穴が開きまくってます
作っているだけなのに・・・・。

写真左はいつものラー油
写真右は今回作ったラー油
e0178922_22575966.jpg


なんか悪魔的な色してる・・(゚ー゚;
e0178922_225922.jpg



完成系はいつものラー油と今回のラー油を混ぜ合わせたものになります
つんけんと辛いだけではなく、その先の薫りを出していければと作りました。

超!激震麺の完成系は
e0178922_2334183.jpg


辛いの好きな方々限定スタートまで
あとしばしおまちください(^▽^;)
[PR]
by tamura-ya | 2011-01-20 23:04 | メニュー Mail ↑TOP
解体シリーズ Vol.6~ぎょうざ編~
あしたは一年でもっとも寒い
大寒だとか・・・冬は鍋ですね
Q:今年一番人気の鍋は
A:ぎょうざ鍋
巷ではこのようです
そこで今回はぎょうざの解体を
よりわかりやすく
分量まで今回は特別に(^^)


e0178922_2316167.jpg

材料を準備
醤油ダレ   30g
ラード   150g
塩        30g
スープ     150g
挽肉を炒め味付けした汁 
  150g
黒こしょう     2g
おろしにんにく 25g
おろししょうが  25g 

e0178922_22251620.jpg

豚挽肉     650g


e0178922_22274952.jpg

キャベツみじん切り 850g
(中玉であまる量)
塩             8g




e0178922_22303386.jpg

キャベツの水分を塩8gいれて浸透圧でとっていく

e0178922_2232263.jpg

軽く混ぜ合わせる

e0178922_22333753.jpg

しばし放置して布きんで絞る

e0178922_2235576.jpg

ボールに材料を入れていく

e0178922_22364431.jpg

液体から入れることで調味料がよくまざる

e0178922_22381686.jpg

粘りが出るようにではなくさっくりと混ぜる

e0178922_22423590.jpg

キャベツを最後にいれてさっくり混ぜて餡の完成!


e0178922_22483714.jpg

包み始める

e0178922_22493844.jpg

ぷっくりしたお腹の餃子が良いかも
ヒダの数や大きさで半月型になっていきます

e0178922_22564824.jpg

よくサイドを押さえ込む
(肉汁流失阻止のため)
餃子餡
完成!!!ヽ(゚ー゚*ヽ)



実際に調理してみると・・・・
e0178922_22591959.jpg

割ってみると・・・・
肉汁流失(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-


POINT
①このぎょうざの餡は肉汁を含むようにラードやスープ、炒めた挽肉の汁を入れている
よくゼラチンで固めたスープを入れますが
均等に混ざりにくいので
冷蔵庫で寝かしながら動物性油脂によって
冷やし固めています
寝かせる時間も材料同士が仲良くなるように
数時間はほしいところ

②キャベツの水分は良く搾らないと
水っぽくなるので注意

③液体を計るときはccではなく
量りをつかってg数で出してあげると
誤差が少なくなる

④お店でだしているものはビールなどにあうように
若干塩分量を多めにしてあるので
塩は少し減らしたほうがよいです

⑤挽肉を炒めた汁や醤油ダレ、スープはご自宅の場合
スーパーなどにおいてある豚脂、牛脂を醤油みりん酒で
軽く煮てあげると同様のものができます
醤油ダレは出汁醤油で
スープは鶏がらの素で代用可能です





今回の解体はなるべくわかりやすく
書いてみました。ヽ(゚◇゚ )ノ
ぜひ田村屋的ぎょうざ
チャレンジしてみてください
まちゃあきみたいに
『星三つですっ』(・ω・)なんて叫んでみては

田村屋にも是非お越しになって
餃子ご注文いただけたらと
お待ちしております。

いよいよ次は超激震麺の全貌を
[PR]
by tamura-ya | 2011-01-19 23:11 | いろいろ Mail ↑TOP
今後の限定予定
今は
『トマトクリーム麺』を限定で提供中です
終了時期は1月最終週を予定しております。


1月下旬は
再開の声を多数いただいていた
『激震麺』のもっともっと辛いやつ
限定第20弾
『超!激震麺』

~震えと頭痛を体感せよ!~
辛すぎてすみません 本当に辛さの大丈夫な方ご注文ください

寒さきわまるこの時期HOTなやつで
発汗してください





同じく下旬もしくは2月初旬から
限定第21弾
『爆菜豚タンメン』
~ガッツリ肉と野菜を食して、元気満タン麺~

排骨肉と炒め野菜、生野菜
目指せ完全食!

野菜不足は田村屋で解消してください

詳細は追って
UPしてまいります。
お楽しみにしてください。
[PR]
by tamura-ya | 2011-01-17 23:15 | 告知 Mail ↑TOP
解体シリーズ Vol.5~味噌ダレ編~
寒さが染みるここ最近でして
味噌系のご注文が圧倒的セヨヾ(〃^∇^)ノ

というわけで
味噌ダレの作り方を解体していきます。

まずは
①粗挽肉とたまねぎを炒める。
e0178922_2216552.jpg

e0178922_22172345.jpg


②鍋に移して、
醤油ダレ、みりんを投入
e0178922_2219976.jpg


③調味料を投入
e0178922_22202412.jpg


④中華系味噌と練りゴマを投入
e0178922_222237.jpg


⑤ここで加熱開始
ブレンドした国産味噌を投入
e0178922_22291280.jpg

だんだん液状から固形状に変化していくので
弱火でじっくり混ぜる
また一度に味噌を入れると焦げやすいので分けて入れる

⑥じっくり混ぜながら
『ドドスコスコスコスコ♪ドドスコスコスコスコ♪味噌投入♪』愛情を
入れながらよく混ぜる(ノ・ω)ノ
e0178922_22384384.jpg

e0178922_22401085.jpg


⑦全体が馴染んでコトコト沸いてきたらしばらく混ぜ合わせ
すりゴマを投入して混ぜる
e0178922_22434460.jpg
e0178922_2244421.jpg

e0178922_2246953.jpg


⑧ゴマも馴染んだら火を止めて完成ヽ(^◇^*)/
一週間ほど寝かせて材料たちが互いに手を取り合って
熟成されていきます。

POINT
よく料理は愛情といいますが、
放っておかず、かまってあげる。目を離さない。
心を込める。大切にする。相手がどういう反応をしているか五感で感じるセヨ。

同じレシピ、調理工程でも作る人によって異なるものが
できることがあります。失敗した時どう対処するか、食材たちはどうされたいのか

人と接していても同じことだと思います。
接客業、飲食業、サービス業というものにとらわれず
人としてどう振舞うか、どう接するかが大事かと
このブログを書きながら自問自答していましたセヨ(・_・?)

さて次回の解体シリーズは
『餃子』を予定しております。
自宅で作るときには結構参考になるかもです。
[PR]
by tamura-ya | 2011-01-11 22:55 | いろいろ Mail ↑TOP
今週日曜日の営業時間変更のお知らせ
いつも閲覧ならびに
ご来店ありがとうございます。


TV番組の撮影の関係で
営業時間に食い込んでしまいまして

今週の
1/9(日)
午後1時~午後3時
の営業となります


大変ご迷惑おかけします。
短時間営業ではありますが
ご来店お待ちしております。

また放送日など詳細は
追ってご連絡します。
[PR]
by tamura-ya | 2011-01-07 17:32 | 告知 Mail ↑TOP
↑TOP↑